よくあるご相談

母乳110番に寄せられたご相談のベスト10

開設以来、順位もほとんど変わっていません。

1位  不足感・不安
2位  卒乳
3位  乳房トラブル
4位  授乳の仕方
5位  離乳食
6位  母親の身体
7位  心の問題
8位  体重
9位  食生活
10位 働くママの母乳育児
   (職場復帰、保育園など)
11位 その他
   (薬、アレルギー、入院)

*最近の母乳相談はこちら

*初めての人が知っておくと良い「母乳の知恵20スタート編」はこちらです。

1 不足感・不安

おっぱいの量は、ハッキリ目に見えません(しぼった量が分泌量ではありません)。
そのため、本当に足りているのかどうかが分からず、不安になってしまうママが多いです。

続きを読む
また、家族や周囲の人に「こんなに年中泣くなんて、栄養不足では?ミルクを足すべき」と責められ、「私のおっぱいにメモリが付いていればいいのに」と泣く人もいます。 本当に「不足」なのか、単なる「不足感」なのか。その見分け方と、混合育児 の注意点(ミルクを足す場合のコツ)をお話しします。お悩みカルテはこちら>

2 卒乳

百人いれば百通り、と言われているおっぱいとの別れ。
他のみんながどう乗り越えているのか、母乳110番に寄せられた、色々なケースをご紹介します。

続きを読む
「服薬している間は母乳を止めてください」と病院で言われた、「断乳して離乳食に切り替えてからの受け入れになります」と保育園に言われた。そんな話を聞くことがあります。でも母乳は吸われることで分泌量が増え、供給量も増えていく仕組み。水道の蛇口を閉めるように、簡単止めたり出したり出来るものではありません。 最近は子どもが欲しがらなくなり、自然に離れていくまで飲ませ続ける「自然卒乳」が増えていますが、次の子問題や様々な事情から、親が時期を決めての断乳もあります。どれが正しい、正しくないということはありません。 お悩みカルテはこちら>

母乳110番では、卒乳のさまざまな相談例を授乳服のモーハウスのサイトにある、「卒乳お悩み相談室~母乳110番のカルテから~」に寄稿しています。

こんな相談事例の相談員の応答が載っています。卒乳お悩み相談室はこちら

3 乳房トラブル

どうやっておっぱいを休ませれば良いのか、何に気をつければ良いのか。
たくさんの相談例から、具体的に日常でできる対処法と手当法をお伝えします。

続きを読む
今の乳房トラブルは「出過ぎ」が原因と思われる例がけっこうあります。乳腺の詰まりや、しこり、乳腺炎などの乳房トラブル。休息がとれないママの身体は肩こり、冷え、ストレスなど、疲労は相当なもの。さらに子に噛まれたり、 引っ張り飲みで乳頭が切れて傷ついたりもあります。そんな時のさまざまな具体例です。お悩みカルテはこちら>

4 授乳のしかた

授乳姿勢は、この30年の間にずいぶん変わりました。
今は「リクライニング法」もしくは「ボジショニング法」と呼ばれるやり方が主流です。

続きを読む
「女王様授乳」 とも言いますが、背中にクッションなどを当てて威張ってそっくり返り、楽な姿勢をとった上で、赤ちゃんの口をママの乳首にもっていく方法です。 でも慣れないママは、一生懸命に自分の乳首の方を赤ちゃんの口にもっていこうとしてしまうので、ねじり飲みやつぶし飲みで乳首が切れてしまうケースが多く、しこりが出来たり、一部の乳腺が詰まったりすることもあります。そうならないための色々なノウハウを、動画や図解でご紹介します。お悩みカルテはこちら>

5 離乳食

近年ユニセフとWHOが推奨している「補完食」は、何歳になったからと言って無理に母乳をやめるのではなく、並行して食事を摂っていくやり方です。

続きを読む
離乳食の相談は生後 5~6ヶ月から始まり、8~10ヶ月と1歳から1歳半が大きな山を描きますが、2歳以上の相談も意外と多く、卒乳の悩みとダブルが多いです。最も多い悩みは「離乳食を食べてくれない」「おっぱいを飲ませているせいで離乳食が進まない」「だからおっぱいをやめなくてはならない」のケース。 でもだから今は無理しておっぱいをやめてから食べさせなくても大丈夫なのです。 「時間がまちまちで3回食の習慣付けがなかなか出来ない」「遊び食べをして食事にならない」「~ばかり欲しがる」「作るのに時間がかかる」など、食事内容、 作り方、食べさせ方、しつけの問題の悩みにも多く寄せられてお答えしています。お悩みカルテはこちら>

6 母親の身体

「私のせい」と、自分を責めてしまいがちな乳幼児のママは、子どもの命を預かる責任で張りつめ、疲れています。

続きを読む
誰だって24時間1人で戦っていたら、身体も心もこわしますよね? そして当たり前のことですが、授乳ママは産後ママでもあるので、お産後の身体の変調(髪がごっそり抜ける、おりものが続いているなど)に悩む人でもあります。左右の乳房の大きさが違ってきた、体重が戻らないなど、みなさん色々な悩みがあります。 ひたすら話をお聞きすることで、気持ちが落ち着く相談者さんも多いのですが、 手当やマッサージなど、他のママたちがどうしているかの具体的な情報提供を中心にお話しするようにしています。 お悩みカルテはこちら>

7 心の問題

ひたすらお話を聞いて、他のママたちのストレス解消法などをお伝えしています。

続きを読む
日常的なサポートを得られない中、「風邪をひかせないように」「栄養は足りているの?」「今日具合悪そうなのは昨日連れ回したからじゃないの?」といった 周囲の声に追い詰められることが多いのが最近の相談の特徴です。「うちの子にとって一番よい方法」を探して検索地獄に陥っていることも多く、改善方法が見つからず「死にたい」ともらす人や「このままでは虐待してしまうのではないか」と自分を追い込むママのケースもあります。が一刻を争う場合は医療機関や行政、子育て支援の窓口などの専門家を紹介し連携を取るようにしています。お悩みカルテはこちら>

8 体重

数字や専門家の指導を気にして、悩んだりする人が多い傾向があります。

続きを読む
体重の悩みは「赤ちゃんの体重の増えが少ないのではないか」ですが「逆に増えすぎて心配」「増え方が病院の指導のようにはいかない」「授乳前後に母乳をしぼり溜めて測っているが、よくわからない」などがあります。母乳不足や離乳食の進み具合の心配など、成長の度合いや栄養不足を疑う場合は、体重だけを気にするのではなく身長や頭囲、赤ちゃんの全体の様子など、他の目安もお話し、そうした赤ちゃん全体をきちんと診てくれる専門家(出来れば母乳育児に理解のある専門家がよい)を受診することをお勧めしています。お悩みカルテはこちら>

9 食生活

「おっぱいトラブルはママの食事が悪いせい」と言われていた時代がありましたが、今はそんなことはありません。

続きを読む
ただ、成分が均一で消化時間も同じミルクと違い、母乳は出始めと出終わりで味(脂肪の量)が違う、特別な飲み物でもありますから、いつも同じ時間同じ間隔で欲しがるわけではありません。大人だって散歩して帰って来た今の方が今朝よりも早くお腹がすく、なんてことはよくありますよね?赤ちゃんも同じです。それに母乳は消化も良いので、すぐに泣いて次の授乳時間が来てしまうという特徴があります。 子どもの世話に追われている乳幼児のママは、早食い傾向にあるので消化が良く、短時間で出来るメニューの紹介や、赤ちゃんにグチャグチャにされない食卓セッティング、スリングなどの道具使いなど、他のママたちの生活の工夫をたくさんお話しています。お悩みカルテはこちら>

10 働くママの母乳育児(職場復帰、保育園など)

職場復帰を控えて、「こんなにおっぱいばかり飲んでいて、はたして保育園に預けられるのだろうか?」と心配するママは多いです。

続きを読む
泣かれて大変だろうから、まだ0歳のうちに入園や人に預けることを検討する人もいますし、保育園の指導で、 今のうちに哺乳瓶に慣らしておこうとか、無理してしまうケースも多い。また、「おっぱいさえ止めればぐっすり眠れてラクになる」「だから断乳しなくちゃ」と思いこんでいる人もいます。焦って決断する前に、どうやって入園準備や職場復帰直後の時期を乗り越えていったのか、授乳のこと、卒乳のこと、離乳食のこと、他のママたちのさまざまな具体例を知っていただくようにしています。お悩みカルテはこちら>

 


相談者の声

泣かれて困って、電話しました

子どもが4ヶ月の時(忘れもしない大震災の日)に一度、母乳110番に電話しました。 相談員の方の対応がとても良かったです。 そのときの相談は、「4ヶ月になってから授乳後に泣くようになり母乳不足ではないか」ということと、「右側の母乳の出が良くないのでどうしたらいいか」ということでしたが、「母乳を飲む量が増える時期があり、しばらくすると母乳量も増えてくる」という回答をわかりやすく説明して下さり、「先に右側から授乳させて両側飲み終わっても泣いたらおもちゃなどで気をそらしてみてはどうか」という提案をしていただき、その後、提案通り飲ませるようにしていたらいつの間にか泣かないようになっていました。 穏やかな話し方の相談員だったと思うのですが、最後に「落ち着いているお母さんですね」と言われたことが嬉しくて印象に残っています。 以前、電話の仕事(PCやアプリのヘルプデスク)を何年かしたことがあり、いま子どもが1歳になって少し余裕ができたこともあります、「今度は自分が相談員をやってみたい」と思っています。あのときは、本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

離乳食で悩んで、電話しました

私が「母乳110番」に初めて電話をかけたのは息子が1歳の頃でした。母乳育児を続けたいが離乳食が進まないことに悩み、小児科や地域の子育て相談窓口などに幾度となく相談をしてきました。 しかし、「ごはんを食べないのは母乳のせい」と母乳を敵視した返事ばかりか、「母乳育児を続けたい」という私の思いに対して「このまま母乳を続けていたら、離乳食になかなか移行できず体や歯(顎)、脳の発達に遅れが出ますよ」など、母乳をやめるしか選択がないようなことを言われ・・・そんなつらい経験をしてきました。 その時、「母乳110番」の相談員の著書「おっぱいとだっこ」に出会い「母乳110番」の存在を知り、すがる思いで相談しました。 電話口だけのやり取りでしたが、優しく頭をなでられたような、それまでの悩みをフワッと飛ばし母乳育児を続けることへの自信を持つ心を育ててくれたような、その電話一本で私はすっかり安心しました。 そして母乳は「ただ単なる授乳行為」の意味だけではなくて、いろいろな意味を含んだ「子どもにとって特別」なものということを知りました。 この出会いが私自身を大きく変え、110番の素晴らしさとともに母乳への関心を膨らませるきっかけとなり、息子が2歳になった今、こんどは私が「母乳110番」の電話相談員の研修生として勉強に励んでいます。

おっぱいケアの専門家に繋いでいただきました

母乳110番様 先日は、訪問で来てくださる先生(助産師さん)をご紹介頂き、ありがとうございました。 電話で、お話を延々と聞いて頂いてうれしかったです。抱き方、くわえさせ方の話は特にわかりやすく、さっそくやってみました。本当にありがとうございました。 おっぱいトラブルの方は往診して頂き、かなり楽になりました。先生は、親切にいろいろとアドバイスしてくださり、自己メンテナンスの方法も教わりました。知識も経験も深く、お人柄も大変優しい先生で助かりました。ありがとうございました。 今度、「おしゃべりサロン」があるとおっしゃっていましたよね。母乳育児の集まり、ぜひ参加してみたいと思います。そうした情報は引き続き頂けるものでしょうか?念のため頂ければ幸いです。

母乳で育てたい気持ちをわかってもらいたくて

第2子を妊娠中の8ヶ月です。 今回はどうしてもご相談したいことがあり、筆をとりました。第1子のときは病院の言われるままに、入院中から哺乳瓶でミルクをあげ、母乳も絞って哺乳瓶に入れてあげていました。結果、一人目の子は、出産してからほとんど乳首をくわえさせることもなく、生後2ヶ月にはミルクオンリーに。 今回第2子を妊娠し「今度こそは母乳で育てたい」と強く思っています。でも、今通っている病院は、第1子を出産した病院と同じ病院です。(転院を考え、助産院などいろいろあたってみましたが、現在切迫早産傾向にあることなどから断られました。他の産院も断られて、今の病院で産むしかない状況です。) 赤ちゃんが哺乳瓶での飲み方を一番最初に覚えてしまうと、乳首での飲み方にはなかなか慣れてくれなくて母乳育児は大変になると聞いたことがあります。こういった病院で出産する場合、母乳で最初からがんばるには、どのように病院側に方々と接し、どのように母乳育児をすすめていけばいいのでしょうか? 私は生まれたらそのあとずっと赤ちゃんと一緒にいて、できれば哺乳瓶など使用してほしくはありません。このような患者の意思が、もし病院側に理解されない場合、どのようにすれば、その後スムーズに母乳育児ができるのでしょうか?周りに誰も私の気持ちをわかってくれる者がおらず、わらにもすがる思いで相談させていただきました。お返事いただけると幸いです。どうかよろしくおねがいいたします。

*この方は手紙相談(今現在は手紙相談はありません)です。 お返事したところ、「いろいろなワザを教えていただいて、とても勇気が出ました。 何よりも母乳で育てたい気持ちをわかってもらえたのがうれしかったです。」と、丁寧なお礼状をいただきました。

虫歯になるから、止めなさいと言われて

こんにちは。私は昨年5月に母となりました。 母乳で是非育てたいと言う気持ちが通じたのか、お陰様でトラブルもなく順調におっぱい生活を歩んできました。 「赤ちゃんが欲しがれば欲しがるだけあげてよいのよ。」というアドバイス通り欲しがればくわえさせ、ぐいぐいとおいしそうに飲んでくれる姿に喜びを感じでいました。やがて離乳食も始まり、おっぱいの回数はへってきたもののまだまだおっぱい大好きなわが子は1歳のお誕生日を迎えてもぐいぐい飲んでいました。 ところが育児相談で「そろそろおっぱいを止めないと虫歯になる」と助産師さんにアドバイスされました。思えば周りの友達は「もうおっぱい吸わないよ。」なんだかおっぱいをあげている事がいけない事のように感じて悲しくなりました。 しかし、「おっぱいは大切です。」「欲しがるだけあげなさい。」とさんざん言われてきたのに1歳を過ぎた頃から「そろそろねぇ」なんて言われると「そんなの勝手じゃない?」「どうして止めないといけないの?」と矛盾した気持ちがわいてきました。 そして何をどうしたら良いのか分からなくなってきました。そんな時「母乳110番」を知り、すがる思いで電話しました。そのときの私は「まだおっぱいあげていいのよ。」と言って欲しかった気がします。 相談者の方が私の話を良く聞いて下さり、「私もそうだったわ、急ぐことはないのよ。」と自分の経験を話して下さり、「卒乳は無理せずにしっかり様子を見て、子どもと相談してからでいいのでは」とアドバイスを頂きました。 「そうだ何も焦ることはないんだ、もっとゆっくりとした気持ちで堂々とおっぱいをあげていこう。卒乳のときは私と子どもで決めていけば良いのだ。」と心に決めてからはとても気持ちが楽になりました。そして子どもがおっぱいを欲しがってもゆったりとした気持ちで上げられるようになりました。 今回この経験は様々な生活の場面でも自信へとつながりました。止めどき(卒乳)は、親と子でじっくり決めていけば良いのですね。「おっぱいばいばい」と言える日はいつか必ず来るはずです。だからおっぱいをあげながら悩んでいる人に言いたいのです。「母乳は最高よ!!」って。 今、わが子が今まで以上にいとおしく感じます。これからも焦らずゆっくり子どもと成長していきたいです。長々とお話しを聞いて下さりありがとうございました。

地域の専門家からの手紙(小児科医)

乳幼児連れのお母さん相談員による無料電話相談が、よく20年以上も続いていると思います。 母乳育児には、時として我々専門家の知識よりも、先輩お母さんたちの知恵が活きる場面が多い。 存続は大変だと思いますが、これからも電話相談が続けられますように、心から応援しています。

*この方は、相談員さんにご紹介させていただいた地域の専門家のひとりです。 (母乳110番では、「押し付けにならないよう」情報は必ず複数以上、提供するようにしています) 相談者さんの受診後に、いただいたお葉書から引用させていただきました。